本文へスキップ

教習所やドライビングスクールに通ってるあなたにおすすめ運転教本

シートベルト違反点数反則金着用免除ナイショの運転教本

シートベルトの違反点数と反則金の額

シートベルトの着用義務違反は正確には、「座席ベルト装着義務違反」といいます。チャイルドシートにこどもを座らせていない違反を「幼児用補助装置使用義務違反」といいます。

交通違反の種類 点数 反則金
座席ベルト装着義務違反 1 なし
後席ベルト装着義務違反(高速のみ) 1 なし
 幼児用補助装置使用義務違反
(チャイルドシート)
1 なし


シートベルトを締めてない違反は、点数のみで反則金はないです。一般道路でも後部座席はシートベルトを締めなくてはいけませんが、罰則はありません。高速道路では違反を取られます。

チャイルドシートは、0歳から6歳までの子供に使用義務があります。生まれた病院から退院するときから必要となります。




シートベルト着用の免除になる場合

  1. 負傷や病気、妊娠中などのためシートベルトの着用が適当でないとき。
  2. 著しく座高が低いなどのため、適切にシートベルトを着用できないとき。
  3. 自動車を後退させるとき(運転者のみ)
  4. 消防用車両である自動車の運転者がその車両を運転するとき。
  5. 人命、危害を及ぼす行為の発生の警戒およびその行為を制しする職務に従事する公務員が職務のために運転をするとき。
  6. 郵便配達、ごみ収集などで頻繁に乗降する区間での運転のとき。
  7. 自動車に乗車しているモノの警護もしくは警護のために警察用自動車に護衛、または誘導されているとき。
  8. 公職選挙法の適用を受ける選挙において、公職の候補者または選挙運動に従事する者が選挙カーを運転するとき。


けっこう、免除されています。しかし、シートベルトはしっかり締めている方がいいと私は思います。特に妊婦さんはシートベルトを締めたほうがいいです。もしも交通事故に遭った場合、シートベルトを締めているほうが赤ちゃんもおかあさんも守ることができます。
もちろん、妊娠の状態は人それぞれありますので健康上適切ではい場合もあるかと思いますが、事故の際胎児への影響も考えて、妊婦さんのためのシートベルトを使用するなどして大きくなった腹部をベルトが横切らないようにするなどして、正しくシートベルトを着用してください。お医者さんと相談も忘れずに。


チャイルドシートを着用すると全員が乗れないような場合はチャイルドシートの着用が免除になります。たとえば、5人乗りの車に大人2人子供4人が乗る場合、12歳未満の子供は3人を大人2人として計算しますので、乗車人数では違反ではありません。しかし、全員分のチャイルドシートを取り付けることはできません。このような場合には使用義務を免除されます。



シートベルトの正しい締め方


シートベルトを引き出したらねじれゆがみのないようにする。腰ベルトは骨盤を巻くようになるべく低い位置に締めます。肩ベルトは首にかからないように位置を調節し、鎖骨を通るようにしてください。

エアバックはあくまでもシートベルトを補助する装置です。シートベルトを締めていないと何の意味もないですし、逆に大けがをする原因にもなります。

しっかりシートベルトをし、安心安全なカーライフを送りたいですね。